• +052-212-7970
  • info@omoshiroinc.com

【IoTソリューション】Seeed社のReButtonをセットアップする

【IoTソリューション】Seeed社のReButtonをセットアップする

さて、先日はのSeeedさんの「ReButton」をお借りして簡単なレビューを書いてみました。

【IoTソリューション】Seeed社のReButtonの紹介

今回は、実際にセットアップしてみた感想を記録していきたいと思います。

※当エントリーは「Seeed UG Advent Calendar 2018https://qiita.com/advent-calendar/2018/seeed)」に参加中の12/25分のエントリーです!

 

まだ大っぴらに発売されていないデバイスの為、資料も限られています。
今回は、こちらの資料を基に構成しています。
セットアップの手順はほとんどこの資料のトレースです。

https://seeedjp.github.io/ReButton/

 

Rebuttonの処理概要

1.ボタンを押すことで、電源をONにしながら、あらかじめ設定しておいたWi-fi経由でインターネットに接続します。

2.ReButtonはあらかじめ設定しておいたAzute IOT HUBまたはAzure IoT Centralから更新を受け取ります。

3.ReButtonはあらかじめ設定しておいたAzute IOT HUBまたはAzure IoT Centralにメッセージを送ります。

4.D2Cメッセージが送信されると、ReButtonはシャットダウンします。

 

ボタンの機能

シングルクリック(タップ)

ダブルクリック(タップ)

トリプルクリック(タップ)

長押し(3秒以上)

長押し(6秒以上)

 

Seeed社のGroveセンサーをサポート

I2CまたはGPIOに対応したGroveセンサーを、ボタン下部に接続できます。

様々な拡張センサー・デバイスが利用できるのもReButtonの特徴です。

 

クラウドサポート

Azure IoT Hub と Azure IoT Centralをサポートします。

そのおかげでセットアップはとても簡単です。

 

OTAのサポート

ファームウェアのアップデートはWi-fi(インターネット)経由で行えます。

ファームウェアのソースは公開されており、独自のファームウェアを組み込むことも可能です。

 

省電力設計

ReButtonは単4電池(AAA)二本で動作します。

とある筋の話では、3000回程度のクリックは余裕で持つとのことです。

 

いざセットアップ

1.ReButtonにアクセスする

ReButtonを設定するために、APモード(アクセスポイントモード)にします。

バッテリーを取り外し10分経過すると、ReButtonはシャットダウンし、APモードに移行します。

速やかにIoT HubまたはIoT Centralにてセットアップを行いましょう。

1-1.電源を再投入し、本体中央のボタンをLEDが白く光るまで押し続けます。

(LEDは、青→黄色→シアン→白と順に変化します。白になるまで約10秒要します)

1-2.ボタンから指を離し、APモードへ移行させます。

ReButtonが正常にAPモードへ移行すると、LEDは白色で点滅を始めます。

1-3.アクセスポイントへ接続します

「AZB-xxxxxxxxxxxxx」というアクセスポイントをWi-fi接続可能な端末から探し、接続します。

(xxxxxxxxxxはお使いのReButtonのWi-fi MACアドレスです)

※検証環境においては、スマホなどのデバイスからも設定が可能でした

1-4.ブラウザからReButtonのホーム「http://192.168.0.1」にアクセスします

ホーム画面が正常に表示されればここまでのステップは終了です。

2019-02-14_12h04_06

 

Wi-fi接続のための設定

画面上の「Wi-fi」をクリックします

2019-02-14_12h04_06_01

Wi-fiのセットアップ画面が表示されるので、任意のWi-fi SSIDを選択し、パスワードをセットします。
セット後、「Save」をクリックします。

2019-02-14_12h05_18

 

Azure IoT Centralの設定の前に

Azure IoT Centralの設定を確認しましょう。

今回はIoT HubではなくAzure IoT Centralを利用するのでAzure IoT Centralへの接続設定を行います。

Azure IoT Centralそのもののセットアップはこちらのエントリーを参考にしてください。

【IoT関連】IoT管理Saas 「Azure IoT Central」アプリを使う

また、Rebutton用のパラメタについては、以下を参考にして下さい。

https://seeedjp.github.io/ReButton/

Telemetoryの設定

Display Name:Voltage
Field Name:batteryVoltage
Telemetry
Units:V
Minimum Value:0
Maximum Value:35
Decimal Places:2
Color:任意

image

 

Stateの設定

Display Name:Click Type
Field Name:actionNum
Values

値:1
Single Click:
Color:任意

値:2
Double Click:
Color:任意

値:3
Triple Click:
Color:任意

値:10
Long Press:
Color:任意

値:11
Super Long Press:
Color:任意

image

 

Eventの設定

Display Name:Message
Field Name:message
Default Severity:Information

image

 

Azure IoT Centralアプリへの接続設定

Azure IoT Centralのセットアップが完了・確認出来たら、Rebuttonの設定に戻ります。

Home画面に戻り「Azure IoT Central」をクリックします。

2019-02-14_12h04_06_02

上記Azure IoT Centralの設定で取得した「Scope ID」「Device ID」「SAS Key」を設定します。
設定が完了したら「Save」をクリックします。

設定の完了

最低限の設定はここまでで完了です。

「Shutdown」をクリックすると、設定が保存されReButtonが再起動されます。

2019-02-14_12h04_06_04

2019-02-14_12h05_50

 

動作の確認

ここまで正常にセットアップが完了していれば、ボタンを押せば動作するはずです。

クリックして確かめてみましょう。

Azure IoT Centralの実デバイス画面で、実際に受け取ったデータを確認できます。

Telemetoryにバッテリー電圧、Stateにクリック種別、Eventにトリガーされたイベントが表示されていることがわかります。

次回は、このEventからその他のサービスに接続するネタをエントリーしたいと思います。

Capture_088

その他の設定

Device to Cloud (D2C) Message

ReButtonから送信されるD2Cメッセージを編集できます。

当然受け取る側のクラウドサービス側でも変更が必要です。

2019-02-14_12h04_06_03

ファームウェアアップデート

ファームウェアをOTAアップデートするための画面に遷移します。

方法は以下をご覧になるか、またのエントリーをお待ちください

https://seeedjp.github.io/ReButton/

 

2019-02-14_12h04_07

 

Azure IoT Hub

Azure IoT Centralではなく、Azure IoT Hubを使って独自にサービス側を実装する場合はこちらのメニューを使います。

2019-02-14_12h04_06_05

omoshiroadmin