• +052-212-7970
  • info@omoshiroinc.com

OMMF2022 Seeedさんのブースの紹介

OMMF2022 Seeedさんのブースの紹介

ご無沙汰しております。

今回は、Seeed Advent Calendarのネタ投稿ということで久しぶりに筆を執りました。

https://qiita.com/advent-calendar/2022/seeed_ug

現在大垣で開催されているOgaki Mini Maker Faire 2022のSeeedブースの様子をエントリーしてみようかと思います。
最後にはプレゼントのご案内もあるので最後まで見ていってくださいね!(プレゼントはSeeedさんの企画だけどね)

さて、現在岐阜県大垣市のソフトピアジャパンで、恒例になっているMaker Faireが開催されています。

ソフトピアジャパン

ソフトピアジャパン

OMMF2002

https://www.iamas.ac.jp/ommf2022/

その一角に、Seeedさんのブースがあります。

Seeedさんのブースでは、Seeedさんの製品や、製品を使ったデモなんかが展示されています。

実際の製品は是非現地に行って見ていただきたいので、さわりだけ紹介したいと思います。

reComputer Jetson

NVIDIAのJetson NANO/Xavier NX を搭載したエッヂコンピューティングシステムです。
以前はJetson NANOのみのラインナップでしたが、最近Xavier NXが搭載されたモデルも追加されました。
キャリアボードの仕様違いによりいくつかのバリエーションがあり、安価なものでは$199.00~から用意されています。

reRouter

Open WRTを基盤としたソフトウェアルータ開発キットです。
メインボードはRaspberry Pi Compute Module4なので、普段からラズパイに親しんで切る方は開発の敷居も低いでしょう。

EdgeBOX RPi  200

Raspberry Pi Compute Module4を搭載したエッヂコンピュータです。

通常のラズパイを使った開発だと、現場での設置の際に適切なケースなどを別途用意しなければいけなくなりますが、本製品のアルミの堅牢な筐体は放熱性もよさそうですし、35㎜のDINレールに取り付けられるよう考慮されているため適切な設置が可能になりそうです。
内臓UPSなどのオプションなどもあるそうです。

reTerminal

こちらもRaspberry Pi Compute Module4を用いたエッヂコンピューティングモジュールです。
すでに発売から時間がたっているのでご存じの方も多いと思いますが、なにかと物入りになるラズパイ開発において、最低限必要そうなもの(I/O)があらかじめ準備され、しかもそのまま置いておいても自然なおしゃれなケースもついてきます。
先日reTerminalを利用した開発コンテストなんかもやってましたが、入門用にも実運用を見据えても最適なパッケージングではないでしょうか。

reTerminal拡張モジュールコンテスト

Wio Terminal

主にArduino環境で開発を行うマイクロコンピューティングモジュールです。

こちらもreTerminalを同じく、Arduinoを用いた開発において必要になりそうなあらゆるモジュールをあらかじめ組み込みつつ、これまたすっきりとした筐体を身にまとった、このままどんな用途にもそのまま利用できそうな小型コンピューティングモジュールです。
IoTやマイクロコンピューティングモジュールっていうとどうしても基盤むき出しで無骨な感じになりがちですが、こちらを使うとすっきりと開発ができていいですね。

Seeeduino XIAO

世界最小級のマイクロコンピューティングモジュールであるSeeduino XIAOです。
もともとCortex M0を搭載したものだけでしたが、Bluetoothなどを利用できるRP2040を搭載したもの、みなさん大好きなESP32を搭載したものもラインナップに加わり、充実してきました。

個人的には開発資源の豊富なESP32のモデルが扱いやすくていいですね。
お値段も手ごろで、ESP32モデルが4.99ドルと破格です。

NGK EnerCera

日本ガイシさんが開発された超小型の二次電池です。
小型エッヂデバイスやIoTなどに最適な小型の二次電池で、その小ささは驚きです!

製品のPOPとともに、デモ品も展示されています。
MINTIAのケースに加速度計を表示しているんですが、ケース内にきっちりと・・・

EnerCeraが収まってます!
汎用基板も収まってさらにこの状態なので、如何に小型かがわかるかと思います。
EnerCeraの小型さがさらにわかるのがこちら。

カードと一体化するぐらいの薄さ!
活用の幅が広がります。

是非Seeedさんのブースにお越しいただき、実物を見ていただければと思います!

製品デモ

水位計

Groveの静電容量センサー(試作品?)とWio Terminalを用いた水位計のデモがあります。
接続した導体に発生する静電容量を計測するため、導体の長さを任意に設定でき様々な媒体(水、油、空気など)の用途に利用できそうです。

紙パンチテープ体験

観る人が見たら懐かしがる紙テープパンチャーを体験できるデモ!
残念ながらバイナリデータではなく人間が識別できる文字列が出力されますが、ノスタルジックに浸りたい人はぜひ。

ここで冒頭のプレゼント企画ですが、この紙テープパンチ体験をした上でSNSにハッシュタグをつけて投稿すると、特性マスクがもらえるようです!

限定数が少ないみたいなので希望者はお早めに!

ということで簡単にレポしましたが、普段は見られないSeeedさんの中の人が勢ぞろいしているので製品だけじゃない楽しさもあると思いますよ。

週末予定がなければ是非Ogaki Mini Maker Faire 2022のSeeedさんのブースに遊びに行きましょう!

オマケ

私の計画不足でお蔵入りとなったわき役ちゃん
そのうち日の目を見させてあげるからね!

omoshiroadmin

Leave a Reply